女性

マンション管理に東急コミュニティー|口コミを参考にする

契約期間の考慮が大切

集合住宅

期間によって異なる仕組み

不動産業者に依頼して一括借り上げをしてもらうことによる不動産投資の方法は管理負担を軽減する方法として着目されています。投資のために手に入れた不動産を丸ごと借り上げてもらい、不動産業者に不動産経営をしてもらうのが基本的な仕組みです。一括借り上げの契約期間は借り手が多くても少なくても関係なく、不動産業者から賃料を支払ってもらうことができます。その間は経営に手を入れる必要がないのが一括借り上げを行ったときの特徴であり、管理負担が軽減されるのは不動産業者が一通りのことを行いながら経営してくれるからです。不動産業者によって一括借り上げの期間設定に違いがあることには留意しておく必要があり、収入や経営のあり方に大きな影響を与えるでしょう。一括借り上げの際には数十年に渡るような長期的な契約から一年ごとの更新というような短い期間のものも選べます。それぞれに特徴的な仕組みがあるので詳しく内容を確認して選ぶことが重要です。長期間の契約の場合には入居者が払う家賃も不動産業者が払う賃料も定期的に見直して増減できるようになっているのが一般的であり、しばしばその提案を受けて多くの場合には引き下げをする必要が生じます。物価の変化などによって同じままでは経営が難しくなりやすいからです。一方、短期間の契約では契約期間中は一定の家賃や賃料になっていて、契約更新の際に見直しをするという仕組みになっているのが通常であり、改定の提案に伴って契約継続をするかどうかを判断しやすいでしょう。